人生を変えるモーニングルーティン

習慣化
スポンサーリンク

去年あたりから「モーニングルーティン(モーニングルーティーン)」という言葉が流行っていますよね。

海外のYoutuberが始めたことのようですが、日本でも芸能人やYoutuberたちがこぞってモーニングルーティンの動画を上げています。

朝は時間が無いという人が多いですが、少し早起きをすると良いことがありますよ!

私にもモーニングルーティンと言える習慣があるので紹介しますね。

モーニングルーティンはなぜ良いのか?

モーニングルーティンとは「朝の習慣」、毎日起きてから規則的に行うことです。

顔を洗う、朝ご飯を食べる、歯を磨く…ということも大事ですが、ちょっとした工夫で人生を変えることができます!

朝の2時間は一日で一番生産性の高い時間

朝起きてからの2時間は、睡眠で脳がリフレッシュして一日で一番脳が冴えている時間です。

この2時間の間に何をするかによって一日の生産性が全く違ってきます。

生活のリズムを整えることができる

早起きしても、時間を持て余しダラダラしてしまうという人がいますが、それはルーティンが決まっていないからです。

何しようかな…と考えるのは脳のリソースの無駄遣い。

朝起きてからの行動を決めて習慣化してしまえば考えることなくその日の準備をすることができ、スムーズに仕事や一日の流れに取り掛かれます。

私のモーニングルーティン

では、私のモーニングルーティンを紹介します。たまに寝坊して、できない時もあります(笑)

1.オイルプリング

起きたら、水で一度うがいしてからオイルプリングします。

オイルプリングは、インドの伝統的医学であるアーユルヴェーダの一つで、植物油で口の中をすすぐ自然療法です。

オリーブオイルやココナッツオイルをスプーン1杯ほど口に含んでくちゅくちゅと口の中にオイルを行きわたらせます。

時間は10分程度が良いとされています。

科学的な根拠はまだ解明されていませんが、口臭や歯周病の予防などオーラルケアの効果や顔の筋肉を動かすことで小顔・法令線を薄くする効果などが期待されます。

2.その日1日の予定を立てる

オイルプリングをしながら、その日にやることを書き出します。

ここでのポイントは、できるだけ細かく書くことです。

たとえばブログを書こうと思ったら、ただ「ブログを書く」ではなく「○○についてブログを書く」、リサーチをするなら「○○のジャンルをリサーチする」など、具体的に細かく書いて予定を見た時にパッと作業に移れるようにします。

こうすることで、時間や脳のリソースが無駄になりません。

3.白湯を飲む

朝起きて一杯の白湯は、寝ていた体を起こします。胃を温めることで新陳代謝やお通じを良くするので美容や健康にも良いと言われています。

朝起きてすぐ飲めるよう、私は前日の夜にお湯を沸かしてサーモスに入れておきます。夕飯の後に珈琲を飲むので、そのついでです。そうすると、朝飲むときにはちょうど良い温度になっています。

4.朝ヨガ(ストレッチ)・瞑想

白湯を飲みながら、約10分のヨガで体を目覚めさせます。

寝ている時に優位になっている副交感神経から交感神経優位に切り替えるには、身体を動かして自律神経を刺激することが大切。交感神経のスイッチがオンになると、脳が活性化され頭がすっきりするので集中力が増すのです。

また、ストレッチをすることで血流が良くなり代謝も上がってデトックス作用も期待できます。

ヨガで体をほぐした後は、瞑想を5分。

瞑想は集中力、ストレス耐性を高めたり感情を落ち着かせる効果があると言われています。

無心になるのが難しい!すぐ気が散る!という場合は、とにかく自分の呼吸に集中すると5分くらいすぐに経ってしまいますよ。

その他、モーニングルーティンに加えると良いこと

以上が私のモーニングルーティンです。

書き出すといろんなことをしているようですが、時間にして約30分

習慣化してしまえば起きてからダラダラすることもなく朝の貴重な時間を有効に使うことができます

その他、朝やると良いことはこんなことです。

  • ポジティブになれる言葉や話題に触れる
  • 日常で幸せを感じることを書き出す
  • 今日が人生最後の日だったら何をするかを考える
  • 読書
  • 朝ご飯をゆっくり食べる

私は16時間断食をしているので朝ご飯は食べないのですが、朝ご飯を食べた後30分は一番脳が活性化するそうです。

いつも出掛けるギリギリまで寝ている人も少し早起きをして朝ご飯を食べると有意義な一日を過ごせると思います。

明日から、ぜひモーニングルーティンを取り入れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました