ルーがなくてもできる簡単カレーの作り方

カレー Precious Life(日々のいろいろ)
スポンサーリンク

私は日本の国民食、カレーが大好きです。うちの子たちも「今日の夕飯なにがいいー?」と聞くと、高確率で「カレー!」と答えます。

しかし、海外で日本のカレールーを手に入れるのは時に至難の業。

日本に戻った時には必ず市販のカレールーを買い込んできますが、それが底を尽きるとルー無しでスパイスからカレーを作ります。市販のルーのように重たくなくサラッとしているので、胃にももたれないですよ!

1時間以内にできてしまう、ルーがない時のお助けカレーです。ぜひ作ってみてください!

簡単ルー無しカレーの作り方

私の料理は適当です…。ちゃんと量ったりしていないので、ご家庭に合わせていつもの量で作ってみてくださいね。

材料(4人分目安)

  • バター:大さじ1程度
  • オリーブオイル:いつもより少し多め(うちは大さじ3程度)
  • ニンニク:3~5片
  • 玉ねぎ:大1個または小2個
  • 野菜適量(冷蔵庫に余っているものを適当に入れちゃいます。私がよく使うのは、人参・セロリ・マッシュルームあたりです。)
  • トマト缶またはトマトピューレ、トマトジュースなど:1~2缶(500~1000㏄程度)
  • 好きなお肉やシーフード:お好きなだけ
  • スパイス:ターメリック(必須)、ジンジャー、タイム、オレガノ、バジル、ガーリック、黒胡椒などお好きな物
  • 甘味が欲しい場合はハチミツやリンゴのすりおろしなど

カレーの作り方

1.玉ねぎとニンニク、その他の野菜をすべてみじん切りにします。

2.フライパンにバターとオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたニンニクと玉ねぎを入れたら中火にかけます。

3.しばらく炒め、残りの野菜とスパイスも全部フライパンに投入します。

4.野菜が全体的にしなっとなったら、トマト缶などを入れて10分ほど煮込みます。

5.野菜の形がなくなるまでミキサーにかけます。お鍋の中でも使えるハンドミキサーが便利。

6.好きなお肉やシーフードを入れ、火が通るまで煮込んだら塩コショウで味を調えてでき上がりです。

カレー煮込み中
この時は、七面鳥の足を入れました!

ルー無しカレーのポイント

このカレーは入れる野菜やお肉、スパイスによって味が変わるので色々な味を楽しめるカレーです。

野菜をよく炒めることで、コンソメなどを入れなくてもうまみが出ます。野菜をブレンダーでスープ状にしてカレーのベースを作るので、野菜は沢山あったほうが良いですね。

ジャガイモを入れるとかなりトロっとした感じになるので、小麦粉不使用でもとろみがつけられます。煮込む時にワインを少し入れたりミルクを入れてみても美味しいですよ。

うちはベースを作って、各自お皿の上で辛味や好きなスパイスを足すようにしています。

まとめ:ルーがなくてもカレーはできる

市販のルーも好きなのでたまに食べたくなりますが、ちょっと重いな…と感じるようにもなってきて、うちのカレーはこの方法で作ることが多くなりました。

冷蔵庫に半端に残っている野菜を片付けたい時や、子供の偏食で野菜を見せたくない時にも助かるレシピです。

ミキサーはお鍋の中でも使えるブレンダーだと面倒じゃないし、スパイスはカレーのミックスを使うと更に簡単に作れます。

ご家庭にあるもので色々好みの味を見つけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました