バナナの大量消費に!超簡単バナナケーキ(適当レシピ)

バナナケーキスライス 子どもと作れるレシピ
スポンサーリンク

バナナが余って放置してたら黒くなっちゃった…っていうことありませんか?

うちは食べるときは一気に数本なくなりますが、みんなちょっと青めのバナナが好きなんです。なので、数日経ってスイートスポットが出てきたバナナは人気がなくなってしまうんですねぇ。

そんなタイミングを逃してしまったバナナたちは、私がヨーグルトに入れて食べるか、真っ黒になるまで放置してバナナケーキにしてしまうのが我が家流です。

そんな黒くなってしまったバナナを大量に消費できる、簡単なバナナケーキ(バナナブレッド)の作り方を紹介します。

もちろん、いつものごとく量りも計量カップもいらない適当レシピです(笑)

バナナの大量消費ができるバナナケーキの作り方

材料

  • バナナ 3~4本
  • 卵 1~2個
  • 小麦粉 適量(100~200gくらい)
  • ベーキングソーダ 小さじ1~2
  • お酢 大さじ1程度
  • クルミやスライスアーモンド、チョコレート、シナモンなどお好みで

事前準備

ケーキ型にクッキングペーパーを敷いて、オーブンを180度にセットして余熱を始めます。

私はいつもパウンド型を使っています。

作り方

1.バナナと卵をボウルに入れ、フォークなどでつぶします

今回は、小さめのバナナを4本と、卵2個使っています。

2.小麦粉を加えて混ぜます

バナナをつぶして卵とよく混ぜたら、小麦粉を加えます。振るわなくてOK。

シナモンなどのスパイスや、ナッツ類を入れたい場合はここで一緒に加えましょう。

小麦粉は少しずつ加えていき、「これ以上加えたら水気がなくて混ざらないかな?」というくらいの硬さにします。

こんな感じ。↓

3.ベーキングソーダとお酢を加えて混ぜます

バナナと小麦粉が大体混ざったら、ベーキングソーダを加えて混ぜます。今回は、小さじ2ぐらい入れました。

ベーキングソーダが混ざったらお酢を加えます。お酢を入れるとシュワシュワしてくるので、手早く混ぜて準備しておいたケーキ型に生地を入れましょう。

ここがこのレシピの唯一のポイントかな。
ベーキングソーダとお酢が混ざると反応して炭酸ガスが出ます。このガスでケーキを膨らませるので、混ぜたら手早くオーブンへ入れましょう。
焦らなくても大丈夫よー。

真ん中が膨らんでくるので、少しくぼみを作っておくと均等に焼きあがります。

ケーキ型に入れたタネ

4.180度で30~40分焼きます

180度に余熱したオーブンに入れ、30~40分ほど焼きます。

きれいな茶色になってきたら、ケーキの真ん中あたりに串を刺して焼きあがったかどうか確認します。抜いた時に串に生地がついてこなければ焼き上がりです!

この写真だと焼き色がうまくついていません(笑)

いつもは全体的に美味しそうな茶色になります。

バナナケーキ焼き上がり

まとめ:かなり適当でも失敗なしのバナナケーキ

バナナケーキ切り口

このバナナケーキは、どっしり、もっちり系のケーキです。とにかく全部混ぜていくだけなので、失敗なく作れます。お子さんと一緒に作るのにもいいですね。

少しリッチにしたい場合は、手順2で溶かしバターを適量入れると美味しさが一段階アップします。

小麦粉を入れすぎてしまった場合は、お水や牛乳などを少し加えても大丈夫ですよ!

私は結構入れるもの忘れたり、本来なら水分は加えないのにパンケーキと勘違いしてゆるい生地を作ってしまったりしてますが、どんな生地でもベーキングソーダとお酢で膨らむので大きな失敗にはなりません。

実はこの写真を撮っているときも、一番大事なベーキングソーダとお酢を入れないで型に入れてしまい、一度ボウルに戻して混ぜなおしています(笑)

なので、みなさんも軽い気持ちで作ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました