クロアチアのコロナ対策と学校

Precious Life(日々のいろいろ)
スポンサーリンク

クロアチアはコロナの感染者数が徐々に減っているようです。

今の時点で、過去24時間の感染者数は94人となっていますが、

前日は561人、その前は619人です。

半月前まで1日に1000人以上の感染があったのに、

発表している数に信ぴょう性があるのか考えてしまいます。。。

 

EUは日本を入国許可国のリストから外したので

クロアチアにも原則入国禁止になりました。

 

レストランやカフェの営業禁止

25人以上の公共の集会の禁止

私的な集まりは10人以下、2世帯まで

電車やバスの乗車率は40%以下

などの制限は2月15日まで延長されています。

 

 

コロナの対応は、クロアチア政府としての決定事項をベースに

日本で言う県ごとに多少差があります。

 

入国規制や集会禁止、レストランやカフェが閉まっている中での

学校再開は矛盾しているのでは、と保健所や役所、

疫学者のオフィスなど色々な政府機関へ電話しました。

そこで聞いたのは、コロナによる出欠の裁量は

各学校の校長先生にあるということでした

それも無責任な話。

学校が始まって2週間、うちの子たちは自宅学習をしていましたが、

今日から出席しないといけないとのお達しにより登校しました。

 

2人とも学校大好きなので、

とりあえず今日1日だけと子どもには言って

あまり喜ばせ過ぎないようにしましたけど…。

夫は子どもを送った足でドクターのオフィスに行き

「ハイリスクなのでもう少し落ち着くまで自宅待機を勧める」

という診断書をもらってきました。

 

お迎えの時に学校に出してきましたが、

先生から聞いた話によると、結構な数の生徒が

コロナに感染したということ。

 

息子のクラスはおよそ半数がコロナに感染し

先生自身も感染して12月は学級閉鎖にもなりました。

 

メンタルに支障をきたすほど怖がるのも違うと思いますが

感染しないように最大限の努力はするつもりです。

 

登校に備えて、娘と一緒に新しいマスクを作りました。

ミシンが無いので手縫い。疲れました~!

自分でほとんどの工程をやった娘は大満足。

忍者みたいな黒いマスクが欲しいと言っていた息子も

喜んでくれたので、母さん作った甲斐があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました