海外在住の出羽守(でわのかみ)がうざいそうだ

噴水 Precious Life(日々のいろいろ)
スポンサーリンク

出羽守(でわのかみ)って聞いたことありますか?海外在住で、「~(の国)では」「~では」と海外と日本を比べてマウント取る人の事らしいです。

Twitter見てたら海外在住の芸能人のコラムを「欧州出羽守おつ」って言ってる人がいたので、何だろうと調べてみたらそういうことでした。

確かに「海外では(それに比べて日本は)」なんて見下されたらいい気はしませんが、海外在住の身としてちょっと言いたいこともあるので聞いてください。

小さい頃からあった海外への憧れ

私は今クロアチアに住んでいます。特にクロアチアが好きだったわけでもなく、なんとなく良さそうだったから行ってみよう!という感じで住み着いてしまいました。

小さい頃から海外への憧れは強い方で、毎週毎週TBSの「世界ふしぎ発見!」を見ては「ミステリーハンター」になりたいと本気で考える子どもでした。

本格的に海外に住むことを考え始めたのは、高校生の時にアメリカでホームステイをしてからです。型にはまった礼儀正しさよりも、個人を尊重する考え方にカルチャーショックを受けたのを覚えています。

日本で一度就職して仕事は結構楽しんでやっていましたが、長期の休みを取ることが難しく「好きな時に好きなところに行くにはこの働き方じゃダメだな」とずっと思っていました。

「みんなこうやって働いてるんだからしょうがないよ」というのが普通の人だと思います。でも私はどうも普通ではなかったようで、会社を辞めて日本語教師のアシスタントとしてアメリカに行ったのです。

1年の任期を終えて日本に戻ってからは派遣で働き、お金が貯まったら海外に長期滞在ということを繰り返していました。オーストラリアにワーホリに出かけたり、ハワイでマッサージを習ったりと楽しんでいたのを、うちの母はあまり良い顔では見ていませんでしたが…。

海外在住者は「社会不適合者」である?

海外在住者にも大きく分けると2種類あって、1つは仕事や家庭の事情で自分の意志とはあまり関係ない海外在住者、そしてもう1つは自分から進んで移住している人です。

出羽守と言われるのは後者が多い印象ですね。なぜなら、自分から海外に出る人は移住先の国がとっても好きな人か、日本は住みにくいと思っている人だからです。そのためどうしても日本と移住先を比較しがちになります。

「日本ではこうだったけど、~ではこうだから住みやすい」「~ではここが良いから日本でも取り入れたらいいと思う」という感じですね。

でも!だからと言って、必ずしも日本を見下しているわけではないんですよ(そういう人もいると思いますけど)。ただ単に、今住んでいるところと日本はここが違うなって思うことをつぶやいていることが多いです。

日本と海外を比較する発言をすると、「海外かぶれ」「日本は日本」「(日本)社会不適合者」と言う人が出てきます。私もこの前「日本で生きていけないから海外生活を強いられている」というようなことを言われました…。好きで海外に住んでいるので、「強いられている」とは違いますけどね。

くみ
くみ

確かに日本は窮屈だなと思うことが多いので、日本社会不適合者というのは当たりだと思います(笑)

なぜ海外出羽守はうざいのか

「海外では」という言葉を使ったからって、それがイコール「日本批判」につながるわけではないです。今自分の住んでいる国でいいなと思ったこと、日本と違うなって思ったことを発信しているだけで批判されたら、何も言えなくなっちゃいますよね。

ウィキペディアによれば、海外出羽守は特に欧米を引き合いに出して日本を揶揄する日本人の事を言うようで、東南アジアやアフリカ、中東や中南米の場合は対象外になりやすいそうです。

ってことは、羨ましいからうざいんじゃないでしょうか。

私も含め、日本人は欧米(白人)に何かしらの憧れやコンプレックスを持っている人が多いです。個人的にというよりは、社会全体に欧米文化をありがたがる雰囲気がありますよね。
(英語を話せるとスゴイと言われたり、アメリカやヨーロッパに住みたいと憧れる人が多いことからも間違ってはいないと思います。)

普段は意識してないけど心のどこかで羨ましいと思っている海外在住者が、「海外では」と日本と比較する発言をすると鼻についてしまうのだと思います。

日本の事も良く知らないのに欧米賞賛をしている人はうざいけどね。

マウントマウントって言うけれど

何かにつけて「マウントしてる」とか「マウントされた」とか言う人を見かけますが、そういう考え方が生き難さを助長しているんじゃないかなぁと思います。

ちゃんとした(?)出羽守でマウントを取りに来る人もいますけど、そんな人は放っておけばいいですよ。ネットの世界で訳のわからないマウント取ることでしか自分を肯定する術のないかわいそうな人だなって。

マウント取るとか取られたとか、自分の人生を生きていれば関係のないことです。海外在住者があまりにも気になってうざくてネットに悪口書いちゃう、なんてことをしているのであれば、自分が幸せになる方法を真剣に考えた方が良いです。

海外在住者がその国の事を話すのは、それが身近なことだから。例えばママ友だったら学校や子どもの話をするし、会社の人だったら仕事に関係のある話をするのと同じことです。

海外在住も楽じゃない

海外に住んでいるというだけで憧れられることもあります。確かに日本ではできない楽しい経験や貴重な経験もできます。自分の子どもたちにも広い世界を見てほしい。

そういう人はたくさんいて、移住したばかりだとハイになっちゃって「海外最高!日本ダメ!」みたいな発言をしてしまうこともあるんだけど、しばらく住むと現実に直面する時がやってきます。旅行と実際に生活をするのでは全く違うのでね…。

海外に住むって楽じゃないし想像するほどキラキラもしていません。言語の問題もあるし、ビザ、仕事、食べ物、教育、日本ではしなくてよい苦労もします。住んでいるうちにその国の負の面も見えてきます。

楽園なんてどこにもない。だから、良いところはお互いに取り入れて、改善できるところはしていけばいい。どこに住むかは個人の自由だし、その選択に優劣はない。それでいいんじゃないかな。

でも、ネットでチラッと聞いたことや、経験もしていないことをドヤ顔で言いふらす出羽守には辟易することもあります。そういう一部の人の声が大きいせいで、海外在住者の肩身が狭くなるのは嫌ですから…。

出羽守が嫌いでも、海外在住者を嫌いにならないでください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました