炎症には生姜とアスピリン

 

体の不調の原因は、

身体のどこかに「炎症」を起こしているから、

ということが多い。

 

専門的なことは詳しくはわからないけど、

細菌など異物が身体に入って感染したりすると

体が防御反応としてそれを排除しようとした結果

起こるのが炎症反応。

 

免疫力が高ければ体が異物を排出してくれるので大丈夫だけど、

疲れていたりすると免疫も落ちて、炎症が続いたりします。

 

(疲れている時は、ゆっくり休みましょう♪)

 

 

sponsored link

 

 

私も最初にクロアチアに来た時は、

長旅のせいか着いたとたんに体調を崩しました。

喉のリンパ腺が腫れて、声を出すのも

水を飲むのも痛い状態に!(;_;)

 

 

そういう時に登場するのが、我が家のスペシャルジュース!

 

生姜をすりおろしてりんご酢を混ぜ、

それだけでは飲みにくいので水とりんごジュースと

重曹を混ぜたものをコップ一杯飲みます。

これで、生姜のデトックス効果を期待。

 

 

 

 

そしてさらに、アスピリン81mgを一錠。

 

アスピリンは頭痛の時や熱を出した時に

解熱剤として服用するのが一般的な使い方です。

 

それとは別の使い方として、

うちでは常時服用しています。

(※妊婦さんや授乳中の方は子どもに影響が出る
可能性があるので服用は控えてくださいね!
それ以外の人も、必ずお医者さんに相談してから
服用するようにしてください※)

 

アスピリンには炎症を抑える効果があって、

がんの転移を阻止したり心臓発作のリスクを下げたり

万が一発作が起こっても軽くする作用があるらしいです。

 

81mgはベイビーアスピリンと言って、

普通の大人用の半分です。

(でも子どもにアスピリン飲ませちゃダメなんだけどね)

 

そのおかげで、次の日には普通に生活できるくらい

喉の腫れが引きました。

 

やっぱり健康第一ですねー。





+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

 どこにいても出来る仕事の仕方や
 旅行が日常の一部になるライフスタイルをお伝えします。

友だち追加
パソコンの方は @qab1919a で検索してください。

メールレターはこちら
メールレターに登録する

 メッセージもお気軽にどうぞ^^
メッセージを送る

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

Follow me!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください