日本語ネイティブと英語とクロアチア語

 

うちでは、夫が英語ネイティブなので

家族の会話は英語でしています。

 

 

夫が会話にいない時の私と子どもたちの会話は日本語。

でも私が日本語で話しかけて、

子どもは英語で返してくるのですけど…(^_^;)

 

 

子ども同士は英語で話してます。

 

 

子どもなのに英語が話せてすごーいってよく言われますが、

子どもたちにとってはそれが日本人で言うところの

日本語なわけで、別にすごいことではないです。

 

 

逆に日本語が怪しいので…(・_・;)

 

 

sponsored link

 

 

「英語が話せる人はスゴイ人」という風に思ってる日本人が多いですが

言葉は想いを伝えるための道具なので、

使うか使わないかなんですよね。

 

 

日本では中学高校と最低6年間は英語を勉強するのに

(今では小学校から英語の授業があるそうですが…。)

話せる人が少ない。

 

 

6年も勉強したら日常会話位はみんな出来ているはずです。

 

 

だけど話せないっていう原因の一つは

「使う機会がない」ということです。

*他にも原因は色々ありますが、長くなるので割愛

 

 

使う機会が無いから上達しないし、

もっと勉強しようとも思わないですよねー。

 

 

 

 

あとはそもそも論になっちゃうけど、

今まで英語、スペイン語、韓国語、タイ語、クロアチア語に

触れてきて思ったのが、

「英語って実は日本人には難しいんじゃないかな…」

ってこと。

 

 

a i u e o という母音が必ずある日本語を話している日本人にとって、

子音で終わる音があるっていうのが

そもそもよく理解出来なかったりする。

 

 

カタカナに出来ないからね。

(カタカナに直す時点で発音がおかしいんだけど)

 

 

スペイン語はローマ字読みできるから

読みから入るにはいいかも。

 

 

クロアチア語も、子音の発音があるけどローマ字読みに近いので、

英語ネイティブの夫より日本語ネイティブの私の方がスムーズ。

 

 

そうそう、クロアチア語の「R」の発音は必ず巻き舌だそう。

 

 

ピザのデリバリーを頼んだとき、

「○○ストリート32」をアメリカ英語の発音で

「サーティトゥ」って言ったら通じなかった。

 

 

そう言えばオーストラリアでワーホリしてた時の

ファームのオーナー(クロアチア人)は

Rの発音がこうだったな…と思い出して

 

 

「サルティトゥ」って言ったら

すぐに理解してもらえた。

 

 

ちょっとマニアック?(笑)

 

 

クロアチア語も、ボチボチ勉強していかないとな…(^_^;)





+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

 どこにいても出来る仕事の仕方や
 旅行が日常の一部になるライフスタイルをお伝えします。

メールレターはこちら
メールレターに登録する

 メッセージもお気軽にどうぞ^^
メッセージを送る

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

Follow me!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください