クロアチアをドライブしよう

 

クロアチア国内の移動手段は

いくつかの選択肢があります。

 

・ 飛行機

・ バス

・ 鉄道

・ チャーターバス(車)

・ フェリー

・ レンタカー

 

この記事では、レンタカーについて

書いていこうと思います。

 

 

 

 

sponsored link

 

 

クロアチアでレンタカーを借りる場合、

国際免許証が必要です。

 

クロアチアは日本と同じジュネーブ条約に加盟していないので

通常は日本の運転免許証では運転できないことになっていますが、

2018年現在、「日本で発行した国際免許証は有効」と

クロアチア政府が容認している状態です。

(日本大使館のサイトより)

 

私自身、クロアチアに来て最初の3ヶ月ほどは

レンタカーを借りていましたが、

日本の国際免許証で全く問題なく借りられました。

 

 

レンタカーを借りる上で注意したいのが、

クロアチアのレンタカーはほとんどマニュアル車(MT)です。

オートマ車(AT)もあるにはあるのですが、

数が少なくて予約できないか、値段がかなり高くなります。

予約していても、行ってみたらなかったということもあるようです。

 

なので、オートマしか運転できない人は

必ずレンタカー会社にしつこいくらい確認をしてください。

 

 

交通ルールは、日本とほとんど変わりません。

・ 運転中の携帯電話の使用は禁止

・ 飲酒運転禁止

・ シートベルトの着用(同乗者も)

・ バイクはヘルメット着用

 

ちょっと気を付けなければいけないのは、

日本と反対車線の右側走行ということと、

サマータイム以外の期間は車のヘッドライトを

点灯させていなければいけないことです。

(バイクは一年中)

 

忘れると困るので、私は一年中オンにしています。

 

 

高速道路も日本と変わりません。

 

入口の所でチケットを取り、

出口の料金所でチケットを渡してお金を払います。

 

 

 

チケットはボタンを押すと出てきます。

(逆に言えば押さないと出てこない)

 

 

 

 

そして!

クロアチア人はとても運転が荒いです!!

 

ハイウェイを法定速度で走っていると

煽られまくりの抜かされまくりです。

 

慣れない外国で運転しているとそれだけで焦ってしまいますが

「あー、後の車イライラしてるな」

とわかっても、法定速度を守って安全運転しましょう。

 

裏道のほっそい道でもガンガン飛ばしてくるので、

歩いていても轢かれそうになったりすることがあります。

車が避けてくれると思わずに、注意してください。

 

 





+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

 どこにいても出来る仕事の仕方や
 旅行が日常の一部になるライフスタイルをお伝えします。

メールレターはこちら
メールレターに登録する

 メッセージもお気軽にどうぞ^^
メッセージを送る

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

Follow me!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください