クロアチアの学校制度

 

娘が小学校に入学しました。

 

 

クロアチア語もまだまだわからないけれど、

学校はとても楽しいようで

母は一安心です(*^_^*)

 

 

9月から始まるクロアチアの学校。

 

 

クロアチアの学校システムは、私もまだ良くわかっていないのですが

日本の学校のように小学校・中学校と別れていなくて

最初の4年間は同じ担任の先生にほぼ全ての授業を教わります。

 

 

一年生で担任になった先生が4年生まで担任なので、

先生と相性が悪いとちょっと厳しいかも…。

 

 

sponsored link

 

 

5年生から8年生は担任制ではなく、

授業ごとに担当の教科の先生のクラスに

生徒が移動していきます。

 

 

そして、8年生が終わると日本で言う高校に進むのですが、

7年生の時の成績で進学できる高校が決まってしまうそう!

 

 

しかも、多くの子が普通の高校に行く日本と違って、

クロアチアの学校システムでは

 

 

経済を学ぶ学校、先生になるための学校、

シェフになるための学校、医療関係に進むための学校、

マッサージ(整体とか)の学校、警察官になるための学校、

などなどの専門学校に進むようになっています。

 

 

8年生って言ったら中二。

そんなに早く将来の職業を決めちゃうの!?

ってビックリしました…。

 

 

普通の高校もあるんだけど、

定員が少ないのでトップクラスの子しか行けないようです。

 

 

*****

 

 

さて、わが家の娘は毎日楽しく学校に通っています。

 

 

 

 

外国人はインターナショナルスクールに通う子がほとんどで

地元の小学校に入るのはとても珍しいようです。

(どちらにしろ、田舎なのでこの辺にはインターはないのですが…)

 

 

娘も、学校が始まって以来のケースで

学校側も手探りの状態で受け入れてくれているみたい。

 

 

クロアチア語が出来ない生徒の場合、

政府から通訳のアシスタントの派遣か

70時間のクロアチア語レッスンが提供されます。

 

 

ただ、そこはお役所仕事。

決定されるまでに時間がかかります。

 

 

もう入学しているのに、

「入学が承認されたら通訳かレッスンの提供をします」

という手紙が送られてきました。(^_^;)

 

 

教科書は無償で提供されます。

ビックリしたのは一年生は国語(クロアチア語)と

算数と体育くらいしか時間割にないんです。

 

 

大丈夫かー?ってフェイスブックに投稿したら、

日本でも一年生はそんな感じなんですね。

 

 

国語算数理科社会と早口言葉のように言ってた

ン十年前が懐かしいわ―(笑)

 

 

あとは、ドイツ語と宗教の時間もありました。

ちゃんと専門の先生が来て教えてくれるそうです。

 

 

ドイツ語をまだ習得していないクロアチア語で習う…

考えるだけで楽しそう(笑)

娘は覚えたてのドイツ語で友達と挨拶してました。

子どもってすごい。

 

 

私もクロアチア語を勉強しないと!

 

 

この前、先生と保護者のミーティングがあったのですが、

私はクロアチア語が分からないので来なくていいと言われました(・・;)

あ、その分個別に連絡事項は教えてもらいましたが!

 

 

ママさんたちともコミュニケーションを取りたいので

そろそろ重い腰をあげるかな…(^_^.)





+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

 どこにいても出来る仕事の仕方や
 旅行が日常の一部になるライフスタイルをお伝えします。

メールレターはこちら
メールレターに登録する

 メッセージもお気軽にどうぞ^^
メッセージを送る

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

Follow me!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください