アポスティーユ(Apostille)って何?!

 

クロアチアでビザを取るときに必要になる

(かもしれない)のがアポスティーユ(Apostille)

 

 

うちは先日ビザが発行されてIDカードももらったのですが、

警察署から電話があって

「アポスティーユが必要」と言われました…。

 

 

せっかく手続きが終わった!!

と喜んでいたのに、また突き落とされた感じ…(ー_ー)!!

 

 

書類の裏にハンコがいるから、と

何枚か書類を返されて、

とりあえずザグレブの大使館に聞いてみてと言われました。

 

 

しかも、息子の書類のプリントがずれてる(向こうのミス)から、

やり直すから新しい写真今撮ってきて~。

だって。

 

 

自分たちは何カ月も待たせるくせに…

と思いつつ、写真屋さんに行って撮ってきました。

 

 

結局全部で2時間半もかかってしまい、

朝一で行ったのに家に着いたのはお昼前でした。

 

 

とにかく何でも時間がかかるクロアチア…(+_+)

 

 

sponsored link

 

 

 

 

アポスティーユについては、

ちょっと調べてから日本大使館に電話して聞きました。

 

 

アポスティーユって、簡単に言うと

日本で発行された書類(戸籍謄本とか出生証明とか)は

外国では本物かどうかわからないので、

日本政府(外務省)が「この書類本物ですよ~」って証明した

紙のことです。

 

 

だから、日本で発行された書類のみにつけられる証明なのです。

 

 

うちはザグレブの日本大使館で、

クロアチア語で発行してもらった書類を提出しているので

それにアポスティーユをもらってきてと言われても出来ません。

 

 

そして、アポスティーユは海外からでは申請出来ないらしい…。

 

 

日本の東京か大阪の窓口に行くか、

日本国内で郵送で手続きするかです。

 

 

なので日本にいる家族に代理でやってもらうしかないのです。

しかも発行から3カ月以内の書類しか申請できないので、

去年の年末に取った書類では申請が出来ない!!

 

 

ということは、役所から書類を取って来てもらうところから

始めなければいけないので1カ月以上かかりそう…。

 

 

とりあえず、クロアチアのお役所は意味も分からないのに

こちらに言ってくることがよくあるので、

もう一回どの書類が必要なのか

提出した書類ではなぜダメなのかを聞いてみた方がいいですよ

と大使館の方から言われました。

 

 

イミグレーションの人も「日本人は初めてでわからない」

って言ってたからなぁ…(^_^;)

 

 

とりあえず、

乞う、ご期待!!(笑)

 





+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

 どこにいても出来る仕事の仕方や
 旅行が日常の一部になるライフスタイルをお伝えします。

メールレターはこちら
メールレターに登録する

 メッセージもお気軽にどうぞ^^
メッセージを送る

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-:+:-:+:-+:-+

Follow me!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください